マルチ商法とはどのようなものなのかというと、マルチ商法は法律で明確に定義づけられているわけではありません。
マルチ商法というのは人によって意味が違ってくるものです。
マルチ商法とは、加入者が他の人を次々と組織に参加させ、ピラミッド式に販売組織を拡大させていくような商法のことです。
マルチ商法に参加し、他の人を勧誘し、新しく参加させることで紹介料をもらえたり、自分が勧誘し参加した人の売上の何パーセントかを貰える・・・というような、他の人を参加させることによりたくさんの収入を得られるというシステムになっているのです。
マルチ商法の多くは特定商取引法の連鎖販売取引に該当すると思われます。
この法律では、マルチ商法を行う際に守らなくてはいけないルールが決められているのです。
ではマルチ商法=悪徳なのか?という点においては、マルチ商法=悪徳と考える人もいますがマルチ商法業者だからといって悪徳業者だとは限らないのも事実です。
法律で禁止されているわけでもありませんので、ルールを守って行う限りは悪徳商法と呼ぶべきではないと思います。
ただし、法律違反の勧誘を行う悪徳マルチ業者がいるのも事実なのです。
そのような業者のせいでマルチ商法=悪徳というイメージがついてしまっているのだと思います。
また、ルールを守って勧誘を行えればいいのですがそのルールは厳しいのです。
またマルチ商法とネズミ講との違いについてはネズミ講もマルチ商法と同じような仕組みなのですが、マルチ商法が商品の販売などを行うのに対し、ネズミ講は金品を配当するに過ぎません。
マルチ商法は、ただちに違法というわけではありませんが、ネズミ講は違法なのです。
絶対に参加してはいけません。
またネズミ講とは違うから大丈夫などと告げる、マルチ商法業者もいるようですが、マルチ商法とネズミ講の共通点を見てみれば、ネズミ講とは違うから大丈夫というのも問題だと思います。


All comments of post - "マルチ商法とは":

:Haha! I'am the first! Yeh~

Comments are currently closed.

Add a Comment / Trackback url

Comment begin from here or jump up!